手の痛みQ&A

はせべ医院 診療時間

診療時間:
9:00~12:00 15:00〜18:00
休診日:
金曜日/祝日

最近左手の薬指がカクン、カクンとひっかかるような動きがあって痛いのですがどうしたのでしょうか。

はい、これは「ばね指」と呼ばれる腱鞘炎(けんしょうえん)の症状です。指には、腱というヒモがあり、それによって指の曲げ伸ばしをすることができるのです。しかし、腱とその通り道である腱鞘との間で炎症をおこすと腱の通りが悪くなり指のつけ根に痛みをおこしたりひっかかるような現象(弾撥(だんぱつ)現象)がおこるのです。原因としては、仕事での指の使いすぎによる機械的刺激が主ですが、リウマチなどの炎症性疾患による場合も少なくありません。

また、大人のみならず乳幼児の親指にも時々認められ「強直母指」と呼ばれています。生後に意外と気づかれず、1・2歳になって親がようやく気づくことが多く、あわてて赤ちゃんを外来に連れてこられる方もいらっしゃいます。

どのように治療をすればよいのでしょうか

まず、指の使い過ぎに気をつけ、痛み止めの入った塗り薬をつけたり、副木を当て安静を図ったりします。痛みが頑固に続いたり、ひっかかる感じが強い場合は、ひとりで我慢せず早めに整形外科専門医に相談しましょう。短時間で終わる局所麻酔の手術が有効です。

放置しておくとどのようになりますか

痛みが長く続く場合が多いでしょうし、指の関節が2次的に固くなり永続的に機能障害をおこす場合も少なくありません。

他にはどんな腱鞘炎がありますか。

「ドケルバン病」と呼ばれる腱鞘炎で、手首の甲の親指寄りの部位に強い圧痛があり、手首を小指側に曲げると同部位に強い痛みを生じる症状があります。これも親指を伸ばそうとする腱とその通り道である腱鞘との間の炎症です。これも「ばね指」と同じような治療をします。原因の多くは、パソコンのキーボード操作などによる指の使いすぎや、女性の場合、妊娠時、産後、更年期などホルモン分泌に関係するといわれております。女性は男性に比べ7倍から10倍も発生率が高く、産後赤ちゃんの抱きかかえなどの動作が多くなると発症しやすいようですね。「ママの職業病」とも言われています。

いずれにせよ、早期発見をし早めに整形外科専門医に相談する事が大切ですね。

そうですね。自分勝手な判断をした為に痛くて不自由な時間を無駄に費やしてしまったり、指が2次的に固くなってしまい、日常生活や仕事に影響がでてしまう場合を多く見ます。また、電気を当ててみたり、温めても有効ではありません。一人で悩んでばかりいないで、早く整形外科専門医の診察を受けてみる事をおすすめします。患者さんが正しい認識を持ち適切な治療を受ける事ができれば、腱鞘炎(けんしょうえん)は確実に治る病気のひとつだと私は考えます。

私の知人が最近、右手の中指と薬指のしびれを訴えています。どんな疾病が考えられるのでしょうか?

手のしびれには、多くの原因が考えられます。脳や脊髄などの中枢神経の異常が原因のものと末梢神経の異常が原因のものとに分けられますが、手のひら側で、かつ母指から薬指(正確には薬指の中指側半分)にかけての特徴的なしびれが(図1)ある場合は「手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)」と呼ばれる病気である可能性があります。これは正中神経と呼ばれる手首の真中を通る神経が靭帯(じんたい)の下で圧迫されること(図2)で発症します。夜間などに強い痛みで起こされることも多いようです。

原因はなんでしょうか?

はっきりとした原因は不明ですが、手首の使いすぎや妊娠中、お産の後、手首の骨折後などに出現しやすいとされています。

放置するとどのようになるのでしょうか?

正中神経には手のひらの母指側のふくらみを形成する筋肉(母指球筋)を動かす神経が含まれます。これも圧迫されるとふくらみが消え母指を動かす力が落ち、一生物をつまんだり、つかんだりすることができなくなることもあります。

治療法を教えてください。

まずは医師の診療を受けましょう。前述の症状のほかに神経の伝わる速度を測定する(図3)ことで、より正確な診断をすることができます。手根管症候群であれば症状が軽い場合は、まず手首を固定するなどの保存治療法を行います。しかし、それでも夜などに強い痛みがあったり、母指球筋のふくらみが消えた場合は手術をお勧めします。手術は状況にあった麻酔で行われ、神経を圧迫している靭帯を切離し神経を開放します。また、腱を移し母指の動きをとりもどすことも可能です。

ほかには、どのような手のしびれの病気がありますか?

薬指の小指側半分と小指がしびれていれば尺骨(しゃっこつ)神経麻痺が考えられ、また手の甲がしびれていれば橈骨(とうこつ)神経麻痺が考えられます。また、手の神経は首(頚椎)から分岐しますが、首の骨の変化や軟骨のでっぱり(ヘルニア)が存在すると神経が左迫され、手がしびれます。糖尿病などの内科的な病気により神経がいたみ、しびれることも良く知られていることです。